主にROの日記中心に、不定期で書き連ねていくと思います。あと、宣伝等のURLの貼り付け、いたずらと思われる書き込みは片っ端から排除するんであしからず。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡邉哲也氏のツイッターより一部抜粋。
2011年02月24日 (木) | 編集 |
daitojimari 渡邉哲也 代表戸締役

日本国民の皆様へ、民主党政権は、口蹄疫に関して、党利を優先し、口蹄疫での対応が出来ませんでした。そして、尖閣問題、韓国砲撃問題でもまともな対応をしておりません。今回、NZの地震においても、日本人が見殺しにされそうです。明日は貴方の番かもしれません。


明確に申し上げます。昨年、口蹄疫問題が起きたとき、私に政府から圧力がかかりました。「口蹄疫問題が知られると、宮崎にマイナスになるからやめろ、政府はきちんと対応している」とのこと でも何も出来ていなかった。だから私は許さない。


擁護するわけではないが、宮崎牛などが売れない風評被害を恐れるメールでしたけど、その後の対応が悪すぎる。
RT 政府が一個人に対して圧力ですか。許せませんね


原口さんが圧力をかけていたことを自白している。一応、私も半分メディアの人間です。


あえて書きますが、藤井厳喜先生はすぐに宮崎に飛んだ。その時、宮崎の酪農農家の方からは、声を届けてくれないメディアの人間として一律の批判を受けた。同時期、自民党も獣医などを派遣し、状況調査していた。民主党は小沢さんが宮崎入りするまで何もしなかった


怒られるかもしれませんが、少しリークします。実は麻生内閣の松本純元官房副長官のお子さんは獣医です。即座に現地に飛んでいた。 そして、自民党は状況を把握し、即座に対策本部を立ち上げ、民主に圧力をかけた。しかし、ねじれていなかったので無視された。


本当に修羅場だったのです。現地からSOSがかかった。


-------------------------------------------------------------------

メッセージをググれば、ソース出ると思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。